牛窪恵さん

読書中毒です〜最近!

amazon.comからの誘惑と戦っております。


誘惑に負けた1冊がこちら。



牛窪恵さん著

「おひとりウーマン」消費!


実は数年前、牛窪恵さんと食事をご一緒した事があるんです…ウフ。

テレビ通りの明るくて華やかな方でした。

この方に睡眠時間はあるのかしら…?

そんな印象を持ちました。


…私と同世代、お姉さまのバブル世代は何を考えているんだろう。

…初めての牛窪恵さんの書籍。


ワクワクするーー!








春は遠し。

あ〜ウズウズします。

春らしいメイクや靴を見ると。




軽い素材のスカートを履きたいな〜

なんて思ったりして。


でも…湖北の冬はこれからなんだなぁ〜(ーー;)


雪対策グッズを車に積んでおくのは

湖北人なら当たり前だのクラッカーな季節です。









女性活躍

長浜の湖北地区に暮らしていると、

たびたび男女の区別に直面します。

 

私の職場では、お茶汲みと食器洗いは女性の仕事。

数ヶ月前まではトイレ掃除も!!

 

各地域に伝わる神事に女性が携われなかったり。

 

これも歴史ある地域だから仕方ないことなのかなぁ〜

と自分をなだめているものの、悩ましくもあります。

だって祭りに参加したいし(笑)

 

そんな時。

 

 president WOMAN

 2018年2月号より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発見しました、

「女性が活躍できる都道府県ランキング」〜!!

 

気になる滋賀県がというと・・・

例えば、

 

●男女の賃金差が少ないのは? → 最下位

 

●都道府県議会における議員の女性比率 →  3位

 

 

・・・滋賀県の女性は、男女の賃金差が大きくてもがんばっているということか!?

まぁ、それは極端で偏った分析ですが(笑)

 

 

驚きと発見があった記事でした。

 

日本の男性を支えてきた女性の力は大きいはず。

もちろん湖北も。

 

パワーある湖北の女性が、もっと堂々と活躍できる

社会になるよう私も出来ることを探していこうと思っています。

 

 

 

 

 


 


2018年が進んでいる。

1年以上更新していなかったブログ。

再開するきっかけを私なりに探していたわけですが。

誕生日…とか、

新月の日…とか、

春分の日…とか、

元旦…とか。


結局なんでもない日に再開(笑)


2017年から2018年への年越しは

いろいろと本を手に取ってみました。




須藤元気にかなりの偏りがあるのですが(笑)


狄祐屬蘯然の一部である

犲然への畏れ

爐かげさま


それらがこれから私が伝えていきたいこと。


今年は、少しずつカタチにしていくぞ‼







lt's 7 at night in Tokyo.

 

 

 

 

 

 

上の写真は何かピンと来られますか?

 

リオパラリンピック閉会式の中の

4年後東京へのプレゼンテーションです。

 

you tubeでの動画はこちら↓

https://m.youtube.com/watch?v=78Nhl85_wIY
 

これが‼好きなんです‼

 

障害を持っていたらこのニッポンや世界は

どんな風に見えて、感じられるんだろう?

 

自分の障害をpositive瓩紡えられるようになるには

いかほどの気持ちの起伏があったんだろう?

 

健常者の一般的な想像を吹き飛ばす、

ハッピーでスタイリッシュなステージ。

 

大好きーー‼

 

勇気と夢がフツフツと湧いてきます。

私の腰痛なんてアリンコです。

ストレッチしたら治せるハズ。

 

「It's 7 at night in Tokyo.」

 

 

 

 


<< | 2/87PAGES | >>