イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデン

「ローザンベリー多和田」へお出掛け♪


伊吹山からほど無い距離にあるこちら↓

http://www.rb-tawada.com/ 


薔薇やあじさいを楽しめる庭、BBQテラス、

体験スペース、レストランなど、広い敷地にはセンス良い自然の世界が広がります。


私は友人aちゃんと足を運びました。

お目当はランチブフェ。



夏野菜をうまく取り入れたメニューがたくさん♪

美容にうれしいデリばかりでした(^^)


ローザンベリーとは名ばかりでなく、園内には薔薇の花や商品があふれているんですよ。




薔薇は眺めているだけで女子力が活性化されますね〜。

今の私には必要だわ。


日差しが強く真夏を感じる位でした。

でも木陰に入ると涼やかで、軽井沢のような雰囲気も。



普段から自然に囲まれて、おいしい野菜やガーデニンググッズには事欠かない長浜市民ですが…


違うんだよな〜〜

スタイリッシュなイギリスの田舎の風景がそこにはありました。







【告知】「鈴乃恵会」発表会

『鈴乃恵会 発表会』


今週末は、大黒恵子さんが会主を務める「鈴乃恵会」様の第1会発表会です♪


大黒さんは、民謡唄い手であり、津軽三味線奏者。

…そして、第50回 産経民謡大賞グランプリでもあります✨

私が民謡を習い始めた頃はすでに、若手唄い手として関西を中心に活躍されていました。


そんな大黒さんが率いる「鈴乃恵会」さま。


会員様の発表の他、豊寿会の先生方やジュニアの演奏あり。

みなさま、どうぞお気軽に足をお運びくださいませ〜(^^)


私は、友情出演として1曲お祝いの気持ちを込めて唄わせて頂きます!


2018年7月1日(日)

13時開演

ホテル阪神 12階 エメラルドルーム

(大阪市福島区福島5-6-16/06-6344-1661)


楽しみだーー❤





第1回目の開催。

大黒さんや会員さんはドキドキかも?


頑張ってくださいーー‼








「傾聴」

先日、大学の先生と話している中で思い出した事…それは「傾聴」。


何を思い出したかと言うと

「人の役に立つために、傾聴できる人になりたい、傾聴出来る人でありたい。」

って思っていたんだ…って言う事。


民謡を唄う事や、仕事、大学の授業の日常で

隠れてしまっていた「傾聴」がまた私のキーワードになりそうです。


「傾聴」が出来る人になりたいと思ったきっかけは二つ。


まず、東日本大震災。

医療や建設、音楽の力と同じ位、被災者に意味があったのが「話を聞く」と言うことでした。

被災者の心に触れると言う意味では、

傾聴の存在は前者以上です。


2つめは、阿川佐和子さん著猜垢力

たくさんの方と対談されて来た阿川さん的、

話を聞くコツが書かれています。

話を聞く事で、相手を知らなければ

コミュニケーションとは言えないのです。


悶々とした気持ちを吐き出すとすっきり‼

そんな事はよくありますよね(^^)


話を聞ける信頼出来る人間になろうと思いました✨

そして、そんな場を提供していけたら理想的。








関西大学への途中。

地震の為、2週間ぶりになった月曜日の関西大学。

長浜からここにたどり着くには被災地を通過します。

高槻市、茨木市、吹田市…。(関大は吹田市に位置する。)


途中の沿線には、ブルーシートで屋根を覆った住宅がたくさん見受けられました。

1週間前の地震の規模を思い出させる景色です。


自然への日本人の寄り添い方や想いは昔とは変わっています。


自然からもたらされる豊かさを尊ぶ一方、

それへの畏れを知っていたので、鎮めようとする心を持っていた昔。


そして、人間の知能や研究の力で自然災害を回避しようとする現代。


仕方のない事ですが。

高層ビルやマンション、アスファルトの道路や橋…不自然なモノが増えれば増えるほど

自然災害からの被害は大きくなります。


関西大学への向かう電車から見えるブルーシートや町並みから、そんな事を考えました。






阪急「関大前」駅から、教室まではキャンパス内を10分近く歩きます。

ちょっとした登山かも(笑)


それにしても、地震で休講になった授業の補講はない様子。

授業料返してくれーーって思いますね、自分でやりくりすると。






発表会が楽しくて。

藤元会様の発表会が無事に終わりました。

発表会開催第1回目から唄わせていただいております。


今年は、これまでの草津市内から大津市内へと会場変更。そんな事は関係なく、たくさんのお客様のご来場でした。むしろ例年より多かったくらい(^^)


会員さんも張り切って日頃の成果を発揮されていましたよ♪






発表会の後は…

緊張感とやり切った感の余韻に浸りながら打ち上げ!

ガーデンBBQ‼


気分は夏…盆踊り‼




ゲストの琵琶奏者・中澤 龍水さん、

神戸から足を運んでくれた、津軽三味線・亀井千絵ちゃんも引き続き一緒に過ごしてくれました。


実に楽しい宴。



1回1回の舞台で、真剣に唄うこと。

最近、師匠と話しながら大切にしようと感じました。


琵琶奏者が、平家物語を語るなら。


私たち民謡唄い手は、ご先祖様の暮らしや手仕事、信仰から生まれた唄を正しく大切に伝えていく責任があります。


もう一度、真っさらになって勉強しよう♪








<< | 2/196PAGES | >>