久しぶりのポルトガル語

何を隠そう、大学ではブラジルポルトガル語を専攻しておりました。

 

なぜポルトガル語なのかはさておき、

国際交流は常に興味のあるトピックです。

 

何を隠そう(その2)、現在“長浜市国際交流協会”の理事をさせて頂いております。

 

▼長浜市国際交流協会

http://www.nifa.jp/

 

こちらでは、長浜市居住する外国人のサポート、その逆の

外国人と交流したい日本人のサポートを行っております。

 

日本文化を紹介する企画、語学教室、料理教室の開催、

また宿泊設備の機能も果たします。

 

そして年に1度の

「YOU 弁 in NAGAHAMA」!

 

これはスピーチ大会。

 

日本人は日本語以外の言語で、外国人は日本語で3分間のスピーチを行います。

 

自分への負荷をかけるために、私はポルトガル語でチャレンジ致しました。

 

手が震えたわ、緊張で。
 

スピーチテーマは、「私の夢」。

 

スピーチが終わると、ブラジル人の方にインタビュー。

 

「今の塚田さんのスピーチ内容は理解できましたか?」

 


 

恐怖!!

でしたが、私のポルトガル語は理解してもらえたようで一安心・・・。

 

私のスピーチをポルトガル語を理解できないお客様に

説明してくれました。

彼女は、ポルトガル語を教えているそうです。

 

在滋賀県ブラジル人と滋賀県の懸け橋になっているのでしょう。

 

 

あぁ〜〜ドキドキしたけど、新鮮でした。

久しぶりのポルトガル語。

予想以上に記憶していました。

 

 

外国語を学び、外国人に接触すること。

それは、私にとっては日本を知る方法。

 

遠回りなようで実は近道。

 

これからも続けていこう、国際交流!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


登壇デビュー!!

堰を切ったようにアピールブログを綴っております(笑)

 

今回は「登壇」。

 

思いもかけない機会に巡り合いました。

それが登壇。

はい、講演会の講師です。

2017年は2回!!

 

デビュー戦は4月でした。

長浜商工会議所女性会様からのご依頼。

唄を30分程度・・のはずが、1時間程度の講演を・・・に。

 

え??私で良いんですか??

 

話を聞いてみると、

長浜で頑張る身近な女性の話を聞きたい・・とのこと。

 

ますます、

 

え??私で良いんですか?? と(笑)。

 

でも新しい世界だったので、ありがたくお受け致しました。

 

 

講演テーマは「ニッポンの音色が絶えないまちに」。

 

与えられた1時間。

自己紹介、被災地訪問、京都からふるさとへ戻ってきた話、これから。

民謡を交えながら務めさせて頂きました。

 

この時は。

本当に。

演台を降りて帰りたくなりました。

あんな孤独な思いをしたのは初めてです(笑)

 

しかし。

それだけでは終わらず・・・。

これは神からの思し召しでしょう。

 

2回目の機会が与えられたのです。

 

舞台はなんと兵庫県丹波市!!

親戚もいなければ、友達もいない町です。

 

インターネットの中から私のたった1回の講演を見つけて来てくださいました。

担当の方はどのワードで検索をされたのでしょう。

 

 

そんなわけで9月29日、丹波市へ足を運びました。

 

「平成29年兵庫県学ぶ高齢者のつどい 丹波市ブロック大会」

 

高齢者大学の学生、OBさんの学園祭のようなイメージです。

作品展示、芸能発表、高齢者の主張、そして私の講演です。

 

今回も講演テーマは,「ニッポンの音色が絶えないまちに」。

 

こんなステージでした。。
 

 

人生の先輩方を前に、こんなコムスメに何を語れと言うのか!!

 

もう開き直り、両親の前で自分が人生報告をするような気持ちで挑みました。

胸を借りるとはまさにこのこと。

 

演台にある“水差し”と“おしぼり”。

あるある〜こういうの。

自分に与えられたのは初めてで、タイミングわからず。

飲んだけどね(笑)

 

 

講演に耳を傾けてくださるみなさま、

自身や仲間の作品や、芸能を鑑賞されるみなさま。

 

そのエネルギーたるや!!

目をキラキラ輝かせて熱心に取り組んでいらっしゃいました。

 

第二の青春を謳歌されているお姿を見て、私にも力が湧いてきました。

 

会場となった、丹波の森公苑。↓

 


 

 

 

作品展示の数々。自分の学園祭を思い出しました。

 

 


 

 

丹波市は山がちな地形にある町。

 

早朝は霧が立ち込め、霧が晴れると木々の清々しいかおりが何とも言えません。

次回はゆっくり旅しにきたいな〜そんな想いを残しつつ、

丹波市を離れました。

 

 

・・・が、これでは終わりませんでした。

 

なんと!

 

また丹波市高齢者大学様から、講演のご依頼を頂いたのです!

うれしい限り。

 

 

その日は1年後。

 

熱心な学生さんへ何をお話しようか。

いまから少しずつ準備を始めております。

 

講演・・・。

 

私に与えられたカルマかしら・・・。

 

 

 

 

 


司会のお仕事承ります。

ありがたいことに、少しずつ「司会」の機会を

与えて頂けるようになりました。

 

2017年は、

 

民謡滋賀連合会発表会

日本民謡晃和会民謡まつり

日本民謡「まほろば会」民謡まつり

冨岡自動車 秋の感謝祭 ★

浜湖月「美宴の夕べ」 ★

 

 

ざっとこのようなイベントで司会を承りました。

★印は、自分の唄の出番プラスαです。

 

自分の感性でその場を司っております。

 

大切にしているのは、

 

・出演者、お客様に敬意もつこと。

・お客様に何か“情報”を持って帰ってもらうこと。

・偏見や思い込みを手放すこと=まっさらな気持ちでいること。

・主催者の意図を汲むこと。

・自分が楽しむこと。

・「この場にいられてうれしい!」と、心から想うこと。

 

私なりに心がけている技術的な部分もありますが、

それより何より、“気持ち”を大切にしています。

 

そして、必死に楽しんでいます♪

 

今年も、とある三味線の会の司会をさせて頂くことが

すでに決まっております!

 

びわ湖の歌姫が司るイベント。

ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。

 

 

↓ 遅ればせながら・・・上記★印のイベントをご紹介〜 ↓ 

 

▼浜湖月にて「中秋の名月・美宴の夕べ」▼

 

浜湖月は、長浜市びわ湖畔にある旅館。

全客室に露天風呂があるんですよ〜〜

http://hamakogetsu.co.jp/

 

 


 

滋賀の地酒と民謡、津軽三味線をお楽しみ頂くイベントでした。

 

 

▼冨岡自動車「秋の大感謝祭」▼

 

私もお世話になっているくるま屋さん。

http://www.tomioka-auto.jp/

 

津軽三味線奏者・亀井千絵ちゃん

和太鼓奏者・凛ちゃん

2人が駆けつけてくれました。

 


 

忘れもしない台風の日。

急きょトラックがステージとして用意されました。

 

ご心配なく。

お客様はたくさんいらっしゃいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も多くの機会を与えて頂けましたらうれしいです!

 

 

 

 

 


「本物を見極めたい」

耳にして忘れられない言葉があります。

それは榎木孝明さんがおっしゃった言葉。

 

  「本物を見極めたい。」

 

これを耳にしたのは、去年11月20日。

東京にある国連大学で開催された、

“文化庁文化交流使フォーラム2017”に参加した時です。

http://culturalenvoy.jp/news/h2910.html

 

文化交流使は、一定期間海外に滞在しその分野の

講演やワークショップ、展示などを行います。

 

日本の文化を紹介する代表選手たちです。

文化庁が1年ごとに選ぶ代表選手たち。

分野は幅広く、もちろんその道の第一人者です。

 

このフォーラムでは、2016年に海外で活動した交流使たちの

報告を中心に行われました。

 


 

上のチラシ右側が交流使の顔ぶれです。

文化庁長官・宮田亮平氏もお見えになっていました。

 

それぞれが報告される内容は刺激的。

 

 

性格、仕事内容ともに緻密な日本人と違う外国人との共同作業で苦労されたこと。

 

日本では当たり前であるひのきの床が無くて、妥協が必要だった。その不自由さで

自分の妥協点がわかったという、藤間蘭黄さんの話。

 

交流使という責任を感じながら作業をしたという話。

 

佐藤可士和さんの発表はキレっキレ。

プレゼン慣れしていらっしゃいましたね〜。

 

 

・・・・挙げれば切りがありません。

得意の妄想力で、自分が海外で活動しているような気持ちになりました。

 

 

そして。

榎本孝明さん。

モデレーターとして参加されていた彼が、

宮田長官との最後のまとめの中でおっしゃったのがこの言葉。

 

  「本物を見極めたい。」

 

そう、それだ!!!

 

私に、そして現代人に必要なものはそれだ!!!

そう共感しました。

 

社会には、「ニセモノ」があふれているのです。

薄っぺらな知識やインターネットの受け売りで、本物のような顔をしているひと。

みなさんの周りにいませんか?

 

振り回されてはいけません!!

情報元を確認しましょう。

 

とともに、私も「本物」であらなければ・・・と

強く感じました。

 

自分が本物であって本物を見極められる。

そんな人間になろうと、榎本さんに気付かされました。

 

フォーラムの最後には大サービス!

写真撮影タイム〜〜!

 


 

貴重な1枚です。

 

もちろん目線はこちらにしっかり頂いております(笑)

 

 

本物を見極める。

常に頭に置いています。

 

 

 

 

 

 


改めまして、雪。

もう車に乗っても安心やな〜

そう思えたのは半日。


改めまして雪が降りました。

またまた長浜市中心部でも20cmほど。


迷わず電車通勤〜♪



長浜駅〜木ノ本駅は、およそ15分。

たった15分ですが、天気がころころ変わってびっくりします。


新快速の車窓から…姉川。



虎姫駅を歩く若き後輩たち。



駅もかなりの積雪です…汗。


そんな冷たい積雪がもたらす温かさ。

それは、ご近所さんとのご挨拶。


朝早くからスコップで雪をどけている奥様方や、駅のスタッフの方にお会いします。


そんな方に


おはようございます〜!

ありがとうございます〜!


声をお掛けすると、気持ちが清々しく

温かくなりました(^^)


雪をかき分けて、綺麗に道を作って下さっているので、本当にありがたい‼










<< | 2/192PAGES | >>