「傾聴」

先日、大学の先生と話している中で思い出した事…それは「傾聴」。


何を思い出したかと言うと

「人の役に立つために、傾聴できる人になりたい、傾聴出来る人でありたい。」

って思っていたんだ…って言う事。


民謡を唄う事や、仕事、大学の授業の日常で

隠れてしまっていた「傾聴」がまた私のキーワードになりそうです。


「傾聴」が出来る人になりたいと思ったきっかけは二つ。


まず、東日本大震災。

医療や建設、音楽の力と同じ位、被災者に意味があったのが「話を聞く」と言うことでした。

被災者の心に触れると言う意味では、

傾聴の存在は前者以上です。


2つめは、阿川佐和子さん著猜垢力

たくさんの方と対談されて来た阿川さん的、

話を聞くコツが書かれています。

話を聞く事で、相手を知らなければ

コミュニケーションとは言えないのです。


悶々とした気持ちを吐き出すとすっきり‼

そんな事はよくありますよね(^^)


話を聞ける信頼出来る人間になろうと思いました✨

そして、そんな場を提供していけたら理想的。








コメントする








   
この記事のトラックバックURL