お墓のはなし

地震後の関西。

かなり落ち着きを取り戻していますが

なぜかJRは遅れがちです…。


さて、大谷大学での「日本民俗学」の授業。

こちらでは、仏教的な儀礼を中心に学んでいます。

牴駘朖甅爐水取り甅猜鷁弦岫瓠

そして今は猜茘瓠


古代、日本人は亡くなった人を風葬していました。つまり遺体を雨風の力で風化させて土に還していたわけです。

それが土葬になり、現在の火葬に変わりました。


風葬や土葬では、しばらく人間そのままの姿を残したまま。

これを犧欧汎体が別れた状態瓩塙佑┐董△修瞭發虜欧鯆辰瓩覽稽蕕鮃圓Δ茲Δ砲覆蠅泙靴拭


人が死んでから魂が鎮まるまでの期間や場所を爛皀リ瓩噺世い泙后


モガリで何をするか。

魂を鎮める為に供物や舞などを捧げます。


それが仏教的には七日ごとに行う法要なんですね〜。


死んだ本人、その遺族。

両方に犹爿瓩噺世Ω充造鮗け入れる時間が必要なのかもしれません。


そして私はこんな儀礼を学ぶ事で、

いざ起こる身近な人の死への心の準備をしているのかもしれません。


最近そんな気がしました。


いや〜興味深い事ばかりです(^^)






コメントする








   
この記事のトラックバックURL