久しぶりのポルトガル語

何を隠そう、大学ではブラジルポルトガル語を専攻しておりました。

 

なぜポルトガル語なのかはさておき、

国際交流は常に興味のあるトピックです。

 

何を隠そう(その2)、現在“長浜市国際交流協会”の理事をさせて頂いております。

 

▼長浜市国際交流協会

http://www.nifa.jp/

 

こちらでは、長浜市居住する外国人のサポート、その逆の

外国人と交流したい日本人のサポートを行っております。

 

日本文化を紹介する企画、語学教室、料理教室の開催、

また宿泊設備の機能も果たします。

 

そして年に1度の

「YOU 弁 in NAGAHAMA」!

 

これはスピーチ大会。

 

日本人は日本語以外の言語で、外国人は日本語で3分間のスピーチを行います。

 

自分への負荷をかけるために、私はポルトガル語でチャレンジ致しました。

 

手が震えたわ、緊張で。
 

スピーチテーマは、「私の夢」。

 

スピーチが終わると、ブラジル人の方にインタビュー。

 

「今の塚田さんのスピーチ内容は理解できましたか?」

 


 

恐怖!!

でしたが、私のポルトガル語は理解してもらえたようで一安心・・・。

 

私のスピーチをポルトガル語を理解できないお客様に

説明してくれました。

彼女は、ポルトガル語を教えているそうです。

 

在滋賀県ブラジル人と滋賀県の懸け橋になっているのでしょう。

 

 

あぁ〜〜ドキドキしたけど、新鮮でした。

久しぶりのポルトガル語。

予想以上に記憶していました。

 

 

外国語を学び、外国人に接触すること。

それは、私にとっては日本を知る方法。

 

遠回りなようで実は近道。

 

これからも続けていこう、国際交流!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL