登壇デビュー!!

堰を切ったようにアピールブログを綴っております(笑)

 

今回は「登壇」。

 

思いもかけない機会に巡り合いました。

それが登壇。

はい、講演会の講師です。

2017年は2回!!

 

デビュー戦は4月でした。

長浜商工会議所女性会様からのご依頼。

唄を30分程度・・のはずが、1時間程度の講演を・・・に。

 

え??私で良いんですか??

 

話を聞いてみると、

長浜で頑張る身近な女性の話を聞きたい・・とのこと。

 

ますます、

 

え??私で良いんですか?? と(笑)。

 

でも新しい世界だったので、ありがたくお受け致しました。

 

 

講演テーマは「ニッポンの音色が絶えないまちに」。

 

与えられた1時間。

自己紹介、被災地訪問、京都からふるさとへ戻ってきた話、これから。

民謡を交えながら務めさせて頂きました。

 

この時は。

本当に。

演台を降りて帰りたくなりました。

あんな孤独な思いをしたのは初めてです(笑)

 

しかし。

それだけでは終わらず・・・。

これは神からの思し召しでしょう。

 

2回目の機会が与えられたのです。

 

舞台はなんと兵庫県丹波市!!

親戚もいなければ、友達もいない町です。

 

インターネットの中から私のたった1回の講演を見つけて来てくださいました。

担当の方はどのワードで検索をされたのでしょう。

 

 

そんなわけで9月29日、丹波市へ足を運びました。

 

「平成29年兵庫県学ぶ高齢者のつどい 丹波市ブロック大会」

 

高齢者大学の学生、OBさんの学園祭のようなイメージです。

作品展示、芸能発表、高齢者の主張、そして私の講演です。

 

今回も講演テーマは,「ニッポンの音色が絶えないまちに」。

 

こんなステージでした。。
 

 

人生の先輩方を前に、こんなコムスメに何を語れと言うのか!!

 

もう開き直り、両親の前で自分が人生報告をするような気持ちで挑みました。

胸を借りるとはまさにこのこと。

 

演台にある“水差し”と“おしぼり”。

あるある〜こういうの。

自分に与えられたのは初めてで、タイミングわからず。

飲んだけどね(笑)

 

 

講演に耳を傾けてくださるみなさま、

自身や仲間の作品や、芸能を鑑賞されるみなさま。

 

そのエネルギーたるや!!

目をキラキラ輝かせて熱心に取り組んでいらっしゃいました。

 

第二の青春を謳歌されているお姿を見て、私にも力が湧いてきました。

 

会場となった、丹波の森公苑。↓

 


 

 

 

作品展示の数々。自分の学園祭を思い出しました。

 

 


 

 

丹波市は山がちな地形にある町。

 

早朝は霧が立ち込め、霧が晴れると木々の清々しいかおりが何とも言えません。

次回はゆっくり旅しにきたいな〜そんな想いを残しつつ、

丹波市を離れました。

 

 

・・・が、これでは終わりませんでした。

 

なんと!

 

また丹波市高齢者大学様から、講演のご依頼を頂いたのです!

うれしい限り。

 

 

その日は1年後。

 

熱心な学生さんへ何をお話しようか。

いまから少しずつ準備を始めております。

 

講演・・・。

 

私に与えられたカルマかしら・・・。

 

 

 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL