対話な時間

カラダのメンテナンスデー。

糸つくりの作業には、重い物を持ち運んだり持ち上げたり
また同じ姿勢を保たなければならない場面が多くあります。

まさかこの年齢で肉体労働をする事になるとは(笑)

ということで、私の体は常にコリコリです。
糸つくりも唄も体が資本。
月に1度はマッサージに行きます。

▼リラックスサロン・ホットハンズ



ここのスタッフにはハズレがありません。
(失礼な言い方…ごめんなさい)

そのスタッフの中で私と相性が良いのが、マユミさん。

こった部位を直接ごりごり刺激するのとは
ひと味違います。

じーんわり深い呼吸を取り入れながらほぐしていくんです。
ブロックがバラバラになっていくようでもあり、
温かい気が巡っていくようでもあります。

最近どぉ〜〜な、女子的トークもします。
が、その合間に沈黙の時間があります。

なんとなく…です。


あ、対話している!
私は感じます。

マユミさんが私の体に話しかけてくれていて
それを私が受け取る。
その瞬間はマユミさんの指先が熱いんです。
不思議‼

その瞬間がたまりません。
マユミさんは私の体の声を聞いてくれているのかもしれません。

自分の体を委ねられるのがマユミさん。
「信頼」は目に見えないけれど、大切で強い。


ホットハンズはブログが興味深いです(*^^*) 
マユミさんと佐藤さんのレポートがたのしいですよ!








コメントする








   
この記事のトラックバックURL