箏曲演奏会

先週は箏曲演奏会に出演させて頂きました。
長浜で箏を学ぶ社中が集まっての演奏会。

   



私は2曲の出演。
1曲は古典曲につき、格調高く留袖にて。
3人のテンションは〝格調高く〟とは
少し違いますが…(笑)










合奏するという事は、普段自分がこなすステージとは違うこと。
いつもと違う緊張感を味わいました。

この日嬉しかったこと、いくつか。

まず、高校の先輩にあたる武田旺山さんと共演させて頂けたこと。
武田旺山さんは、東京藝術大学大学院を修了され
現在はプロの尺八演奏家として活躍されています。

そんな偉大な先輩が、東京みやげをくださったのです‼

豆たいやき。
可愛いっ♡









私なんぞに…そのお心遣いに感激(涙)。
味わいながら…でもペロリと頂きました、豆たいやき。
だって、小さくて食べやすいんだもーーん(≧∇≦)


それから、同じ門下で箏を学ぶ先輩方にお会い出来た事。
家庭が忙しいと演奏会どころではありません。
そんな方は実に久しぶりの出演。

私が子どもの頃、すでに大人だった先輩方。
そんなみなさまと今は対等にお話をできるようになり
…嬉しかったのです‼
同じ師匠のもとで勉強してきた仲間。
すごく大切です。


舞台係をしてくださった大津の楽器屋さんは
三味線の駒の位置、バチについていろいろとアドバイスをくださいました。

演奏会だからこそ会える他の社中のみなさまにもたくさんお目に掛かりました。


たくさん感激して心が温かくなった演奏会。

演奏終わった〜〜お疲れさん…

それだけじゃかった。






コメントする








   
この記事のトラックバックURL