2020.1.25

今日は2020年最初の新月。

 

夜空では、いつも以上に星が輝きを増す日。

かつては、炎のともし火が重宝されていたんだろうなぁと想像する日。

 

満月にすすきや団子をお供えして月を愛でたのは、

明るさへの感謝の気持ちもあったのかもしれません。

 

私はと言うと、頭が冴え渡っております。

新月の日は、アイデアが浮かんで“書く仕事”“伝える仕事”がはかどるような気がします。

 

まさに今も頭の中にフツフツといろんなモノが沸いてきています。

 

明日の司会の仕事の準備そっちのけで、冴え渡った頭の中と、向き合っております。

 

この冬、長浜市には未だ雪が降っておりません。

 

「伊吹山が3回白くなると、平地にも雪が降る。」

 

伊吹山をふるさとの景色として眺めている私たちは、そう言います。

 

が、今年は例外。

白くなった伊吹山を眺めるばかりで、空から降りてくる雪はおあずけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


コメントする