沈黙はyesではない

外国人と接していて感じる、日本人との違い。

数ある中でまず挙げるのは、「相づち」です。

 

共感

驚き

労い

励まし

意見

アドバイス

反論・・・

 

外国人(今私の身近にいるのはアメリカ人)は、

その相づちが何を意味するのかが明確で豊かだと感じています。

 

対して日本人は、非常に不明瞭でわかりにくい。

感情に反して顔はニヤニヤしている場面も珍しくありません。

考えてみたら不気味です。

 

ある日会話のキャッチボールが、沈黙で終わりました。

 

その沈黙に含まれる相手の気持ちは、yesなのかnoなのか。

 

わからない。どちらの可能性もある。

ふと、気づきました。

何も言わないから“yes”・・・。

そんな思い込みには注意が必要です。

 

「相手を推し測る」事が出来るのが日本人の素晴らしい感性ですが、

時と相手によっては、推し測る事が誤解を招きます。

 

その使い分けの必要性を感じる今日この頃です。

 

 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL