心を躍らせる山々

地にある草花や木々から、季節の移り変わりを教えてもらっています。

 

いつのまにか濃秋。

湖北人は、

「この紅葉が散ったら、いよいよ冬支度だなぁ。」

無意識にそう感じていると思います。

 

肩をすくめ、視線も下向きになりがちな寒い冬。

年を重ねたからか、度々豪雪のなかの運転や雪かきを体験したからか、

いつしか湖北の冬に対してネガティブな想像をするようになってしまいました。

 

だからこそ今、カラフルな山々や木々に気持ちが高まります。

殺風景になる前に、この風景を目に焼き付けておこうという気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと視界に入ったクレーン車が、湖北の山々と秋の風景を共にしていました。

赤・黄色、1台ずつ。

なんて感性が豊かな建設会社なんだ!!

 


 

 

時期に伴い、その色を様々に変えていく湖北の景色。

同じ日は2度となくて、本当に美しい。

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL