英語本

JCMUの教官・SAMが、英語の教材を薦めてくれました。

 

英語の長文を読むことは、自分にストレスを与えます。

もし私がマウスで連日長文読解を課せられたら、

実験用の檻の中でぐったりしている事でしょう。

 

そんな私にも取っかかり易い教材を、SAMが紹介してくれました。

 

取っかかり易い理由は、その長文のレベルが明確である事です!

 

例えば、

LEVEL:STARTER

250 Headwords

 

“Headwords”とは、“見出し”と言う意味があるようですが

この場合は、“およそ250の語句がある”と言う意味だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私が選んだ教材は、「Sing to Win」。

カラーのイラストもあり、読みやすそうだ!

 

クリスマスホリデーの温かみにあふれたスタバでページを開いてみました。

 

 

 


 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL