信楽でのご縁

NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」。

その舞台である、信楽を訪ねました。

 


 

そこでの思いがけない、感激した出来事。

それは、何気なく入ったお店で。

レジにおられた女将さんとたわいもない会話をしていました。

 

すると、

「私、お遊びで絵を描いてるのよ〜」

と、筆ペンを持ちサラサラと手を動かし始められました。

 

そして完成したのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「他抜(タヌキ)の美声で楽しい毎日」

 

愛くるしいタヌキのおなかに、なんともありがたい言の葉を添えてくださいました。

 

「タヌキ」は「他抜」。

他を抜くという意味で、お商売やさんにとっては縁起物です。

はい、時に勝負を必要とする私にとっても縁起物です。

 

思いがけない出会いと頂き物に、大変感動しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温かい声と笑顔のおかみさん。

 

 

ありがとうございました。

また会いに行きます!

 

 

 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL