正夢⁉

夢か現実かを確かめる時、

人は本当に頬をつねるものなんですね。

 

ある日のこと。

誠実そうなラガーマンに、猛烈アタックを受けて

とんとん拍子に話が進み・・という夢を見ました。

 

色、音、会話があまりにも鮮明だったので

目覚めてからもそれが夢であることをしばらく認められずに・・

いや、認めたくない自分がいました。

 

思わず口から出たのは、

「なんや、夢か・・・」

 

 

しかし。

そこでは終わらなかった!!

 

そのあと、身支度をして向かったホテルでのこと。

 

目の前には、赤いスポーツシャツを着た戦士たちがうろうろしているではありませんか!

聞いてみると、

「僕たちはウェールズから。これから大分に向かうんだ」

とのこと。

 

ラガーマンに会えた!!

 

夢が現実になった!!

 

猛烈アタックはされてないけど、そこは目をつぶろう。

 

その後の

リハーサルがおざなりになったのは、言うまでもありません。

 

共演者さま、ごめんよ。

 

気は優しくて力持ち。

カッコいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルールを理解出来ないまま、ワールドカップは

終わっていくのだろうけど、にわかファンを満喫するつもりです。

 

それにしても惜しかったなぁ・・・

 

猛烈アタック・・・。

 

 


 

 

 

 

 

 


コメントする








   
この記事のトラックバックURL