何となくつけたラジオでこんな事を

アナウンスしていました。


狷本は雨の国。雨に関わる言葉がたくさんありますね。


時雨

五月雨

春雨

梅雨

涙雨…


「キツネの嫁入り」のお話があったり、

雨冠を持つ漢字は覚えきれない位の数があります。


ほんとだ、確かに「雨」にまつわる日本語が

たくさんある!と、ひとり納得しました。


文化的に、生活に関わりが深かったり、

人間の興味がある事柄には言葉が発達すると聞いた事があります。


と言うことは、古い日本人が深い関わりの中からこれらの言葉を生んで行ったと言う事になります。


古きをたどれば、日本の事がよくわかる。


それが今日の気付きでした。


恵みも恐れももたらす雨。

上手に付き合いたいものです。


…そんな呑気な事ばかりは言ってられません、現実。


早く穏やかな気候に戻りますように。





コメントする








   
この記事のトラックバックURL