朝のドリンク

ここ2週間ほど、意識して発酵食品を摂っております。

納豆、ヨーグルト、漬物、酒粕…など。

朝のドリンクにも取り入れました(*^^*)



甘酒、豆乳、ヨーグルト、いちごをミキサーでガーーッと。

甘酒は入れない日もあり。
いちごはバナナに変わったり、ブルーベリーを足してみたり。

これ、美味なり♡

何よりお通じが良くなった事がうれしい‼

お試しあれ〜〜^ ^








酒粕おやつ〜豆乳ヨーグルト〜

できた〜っっ!
豆乳ヨーグルト!

これ、酒粕の酵母の力で乳酸菌を培養して、
それをもとに作るんです。
まずは、豆乳に
新鮮な酒粕をいれて
乳酸菌を作ります。
この“新鮮な“がポイント。





半日もすると、プツプツ気泡ができてきます。

おっっ、豆乳が固まっている…培養終了!

これを大さじ2杯程度すくって、
豆乳500ccに入れます。

そして…
ヨーグルトの完成!









出勤前に仕込んで帰宅したら出来ていました。
混ぜて放置するだけの簡単ヨーグルト!

このモトさえあれば、繰り返しヨーグルトが
自宅で出来てしまうんです!
昔こんなヨーグルト流行ったよね⁉

さて肝心なそのお味は・・・
牛乳から作るヨーグルトより、舌にくる酸味は強い。
ぴりっとさわやか。
でも、温かさがあるんです。
土から生まれた、大豆の優しさかしら・・。

あぁ、発酵のおもしろきかな。
なんか、愛おしい…このヨーグルト。






酒粕おやつ

先日ご紹介した、酒粕りんごペースト。
第2回目の作成。
酒粕 300g
果汁100%りんごジュース  300cc
塩  小さじ1/5

弱火で温めます。




粗熱が取れたら、フードプロセッサーでガガーッと。

あっと言う間に出来上がり!

芳醇な香りの酒粕りんごペースト。

想像してみて、この香り‼







さて、これをどうやって使うか。
レシピはいろいろある(本に載っている)のですが、
あまり時間がなかったので、簡単なものからトライ!

定番の酒粕ケーキ。

ホットケーキミックス、
バナナ、くるみとペーストで。

いつもより
しっとりふわっと仕上がったではないですか!!





そして、酒粕ほうじ茶。

ほうじ茶に、酒粕りんごペーストと
しょうがを入れましたよ!

ティーラテ、酒粕風味・・です。






酒粕が想像以上に万能で驚いています。
なんだ、この底力は。

風味がよいのはもちろん、焼き菓子をふわっとさせてくれるんです。
酵母、がんばっとるね〜〜!

バター、卵という動物性の食品を使わなくても
こ〜んなに洋菓子をおいしく作れるなんて!
(偉そうなこと言うほど、まだ作ってないけどね・・・)

こんなオーガニックおやつ。
ハマります。












酒粕おやつ〜始〜

酒粕がおいしい季節。
毎日食べたいけれど、
粕汁ばかりじゃ飽きてしまう…。

そんな時出会いました。

「酒粕りんごペースト」

酒粕とりんごジュースを
火にかけてペーストにするだけ。









風味が強烈です。
酒粕中毒者にはたまらないおいしさ。

これを豆乳、ヨーグルト、お菓子作りに入れると
お砂糖代わりになります。
酒粕に含まれる酵母の力で、
ケーキを膨らませることもできるのだとか!

何から作ろう〜〜っ!
このペーストを眺めながら
ニヤニヤする日々です♡








酒粕中毒〜sakekasuholic Vol.4〜

今冬初の酒粕料理!
定番の粕汁を作りました。

今回使用したのは、宮城県「一の蔵」製。
1年間熟成させたものだけあって…



こんな色。
見た目と感触はお味噌、
香りは奈良漬けといったところ。

関西では見たことないな〜〜
スーパーでは、白い板粕が主流だもんな。

旅先の地酒や酒粕、食を愉しむ。
それが最近のお気に入り。

「foodは風土」だから。
    ↑
これ、読み物にあったフレーズ。
深くて好きなんです(^^)



いや〜〜しかしおいしいっ☆
味噌料理の風味つけによさそうです、この酒粕。
白い板粕ほど華やかさはないけれど、それだけに料理向き。
そんな印象を受けました。

次は何作ろうかしら??




| 1/2PAGES | >>