唄って来ました〜相撲庭

こんな状況でも決行してくださいました。

老人会の年に1度の総会。

 

お邪魔したのは長浜市相撲庭地区。

ここは旧浅井町の学区で、位置するのは山東町との境目。

伊吹山の裾に繋がる場所にあります。

旧浅井町がいかに南北に広いか・・・思い知りました。

 

1時間ほど、お話と唄をお送りしました。

 

手を叩く・打つ事、声を出す事はその場や自分の中の邪気を払います。

こんな時だからこそ、民謡を唄うのです。

 

先人は、人間の力ではどうにもならない自然や、病気を鎮めたいが為に

祈り、踊り、唄って来たはずです。

 

そんな想いを伝えながら、相撲庭の皆さまと時を共に致しました。

 

「撲の字の半分が落ってもたるがな〜〜」と。

いつの間に・・・。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pray for Japan.

 

 

 


 

 

 

 

 

 


ありがとう〜豊公民謡ショー2020

2週にわたり2回公演をさせて頂きました「豊公民謡ショー」。

 

おかげさまでいずれも満員御礼。

お越し頂いたお客様、企画くださった豊公荘様、

共演くださった光千穂ちゃん、くみこさん・・・

ありがとうございました!!

 

先週12日のくみこさんとの公演の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くみこさんは「和太鼓奏者」という肩書きでありながら

箏、笛、津軽三味線も演奏されます。

2人で出来る事を精一杯披露させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食には私たちもこんなお弁当を頂きました。

温かい豊公荘のスタッフのみなさまにも感謝申し上げます。

 

そして。

 

この豊公荘で、自主企画ライブを予定しております★

 

5月17日(日)!!

 

共演は、

津軽三味線・梶尾瑞穂ちゃん

和太鼓・菜美ちゃん

 

詳しくは後日改めて。

 

どうぞ楽しみになさってくださいませ。

 

 

 

 


 


藤元会のみなさんと

津軽三味線・辰絃流「藤元会」。

会主は藤元辰也さんで、私が民謡を学び始めた頃から

お世話になり、舞台を共にしてきた回数が1番多い方です。

 

その藤元会のおさらい会にお邪魔致しました。

 

みなさんお稽古熱心。

 

津軽三味線全国大会の団体戦にもチャレンジされています。

合奏は息ぴったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おさらい会が終わると、バチをジョッキに持ち替えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

藤元さんは指導が上手。

足りない所を端的に、わかりやすく教えてくれます。

お稽古中は私語もなく、きっちり集中。

 

忙しい社会人にはオススメの津軽三味線講師です。

 

前向きで明るい方なので、私もいつも気持ちよくお付き合いをさせて頂いております。

長い付き合いになるなぁ〜。

 

いろんな演奏者とご一緒させて頂くことも

大きな学びのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


今年も我楽と。

よさこいチーム“我楽”。

今年も仲良くさせて頂けそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は、滋賀県商工会議所青年部のパーティーにお声掛け頂きました。

つかの間、盛大なパーティーの雰囲気を楽しませて頂きましたよ。

 

たった5分の出番の為にみんな集まってくれて、

終演後は清々しい笑顔を見せてくれます。

そんな彼らの姿を見るのは、幸せです。

 

さてそろそろ新曲に取りかからねばいけません。

 

楽曲プロデュースはもちろん、坂本真一君。

これまた壮大な曲!!

彼の頭の中は一体どうなっているのだろう・・・

 

初お披露目は、よさこいイベント“春乱舞”の予定。

(例年は4月に、長浜市木之本で開催。)

 

 

こうご期待!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


フィールドアート Media Mix 2020

「フィールドアート Media Mix 2020」

 

米原文化産業交流会館で開催された、

マーチングバンドが集うイベントです。

 

そのイベントタイトルが示す通り、フィールドで表現される芸術です。

この場合の“芸術”は、音楽・色彩・映像。

 

マーチングバンドに、彩り豊かな照明と映像が華を添えるのです。

 

演出の力は偉大ですね。

高校生がアイドルに見え、米原の会館がアイスショーの会場のように見えます。

そんなイベントだから、大人気。

チケットは、販売から時を得ずして毎年完売だそうです。

 

私は今回は、司会をさせて頂きました。

台本は頂きますが、台本を塗り替えるのが歌姫流!!

本番前に各チームに取材をし、新鮮なエピソードをMCに盛り込みます。

 

チームの自慢、見どころ、他のチームとは違うアピールポイントなど、

喜喜として、でも初々しく伝えてくれるチームリーダーには胸がときめきます。

 

休憩時間のアトラクションとして、「淡海節」を弾き唄いさせて頂きました。

温かいお客様でした。

 

さて次回は・・・

2021年1月24日(日)!!

 

お楽しみになさってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


| 1/18PAGES | >>