それぞれの日

昨日は3月11日という特別な日でした。

みなさんはいかがお過ごしでしたか?
私は普段と変わらない、糸つくりの日。
ただ、いつもより宮城や被災地を想いました。

南三陸の母と慕う小山さんは、
午前中は弁当屋でアルバイト、
午後は追悼慰霊祭に行くとおっしゃいました。

私が初めて宮城県を訪ねたのは、
2011年7月11日。
南三陸町の方が避難生活をされていた体育館でした。

それから2013年11月23日に訪ねたのが最後。

1年4ヶ月ほどのブランクがあります。


今、宮城へ行きたくて行きたくて
あちらのみなさんに会いたくて会いたくてたまりません。
「いま」を、自分の目で確かめて
生の声を聞きたいのです。

なにが変わっていて、変わっていないものは何なのか。

今、それから毎日は何を考えてらっしゃるのか。


生きるか死ぬかの分かれ道。


地面が揺れた後家を飛び出し、海の方を見たら
津波がそこまで来ていたので、必死で山を駆け上がった。

サイレンがなる中、私は病院の屋上へ避難した。その後津波が押し寄せ、
階下からベッドごと流されていくひとがたくさんあった。

地震後しばらくは避難所を転々とした。
4月になり、桜が何の罪もなく咲いたけれど、
きれい、とか感動の類の感情は一切沸かなかった。


私はこれらを南三陸町の方々から聞かせて頂きました。


被災地を訪ねて知ったこと。

それらを長浜で時々語り継ぐことも必要なのかなぁ〜
そんなことも考えました。


私の2015年3月11日でした。















1.17と3.11

去る1月17日は、阪神淡路大震災から20年の日。
yahooやテレビでは、当時の映像や
追悼するみなさんの姿を目にしました。

その時私は京都で大学生。
早朝、マンションがグラグラと激しく揺れたのを思い出します。

昨日は、西宮市でのこんなコンサートへ行きました。

竹下景子
詩の朗読とメモリアルコンサート。








神戸新聞の記事








    


一般から寄せられたふたつの大きな震災への想いを
訴える詩を、竹下景子さんが朗読されます。

そのバックには、ピアノやバイオリン、ポルトガルギターやマンドリンの演奏。

実は私はたまたま知りました、このコンサート。
〝朗読〟〝音楽〟
この2つの言葉でインターネットに検索をかけて出会いました。

会場を埋め尽くすお客様。
ここは兵庫県西宮市。
みなさまには特別な想いがあったはずです。

大切な人を亡くされた方もあるだろうし、
馴染みの町や建物を失った方もあるでしょう。

私も、みなさんと気持ちをひとつにさせて頂きました。

阪神淡路の街並みは生まれ変わったように見えるけれど
人の気持ちはそんな簡単なもんじゃないよねー…


これからもささやかですが、被災地のお役に立ちたいと思った日でした。








南三陸や宮城を想ふ

東日本大震災以降、11月後半には宮城県を訪問していました。
11/23開催の〝宮城長持唄全国大会〟に出場するため、
南三陸の方々にお会いするためです。
途中東京へ寄り、大学時代の仲間や
民謡仲間に会ったりもしました。

しかし、今年は宮城行を断念…。
なんとなく心残り…>_<

南三陸の母と慕う女性が
〝今年は来ないの〜〜⁇〟
と、メールをくださったりしたのですが…。

まぁ、そんな時もあるさ…。

せめて気持ちは宮城へ‼
と、昨年を振り返ってみました。

南三陸の朝日。
お世話になった旅館の
露天風呂からの景色!




    
宮城長持唄全国大会。







楽天イーグルス優勝パレード。








イーグルスの優勝と私の宮城訪問のタイミングが重なり
喜びの瞬間を東北の皆様とご一緒させて頂きました。

「ありがとーーっ‼」
「まーくん、メジャーへ行かないでーーっ‼」
って、思わず叫んでいました(笑)

ここでも声は人一倍通っていましたよ。


私にとって宮城県を訪ねて、宮城県の方々とお話して
宮城県のにおいや景色をカラダにしみつけることは
すごーーく自分を奮い立たせる源です。

また来年…いや、できればそれまでに足を運びたい‼









「・11」

ニューヨークの9.11。
東日本の3.11。
それらを想う朝です。

昨日から北海道、宮城、東京などで
激しい雨が降っている模様。

住宅のために切り拓いた山が崩れ、
道路のためにアスファルトにした道には雨水が溢れ…。

私たち人間はあまりにも自然を都合よく使い過ぎている…
そう思いませんか?

民謡を唄っていると、自然と人間の関わりを考えます。

それは、民謡に「自然への畏れ、祈り、感謝」が表れているから。

早く穏やかな日に戻りますように。













7月11日

7月11日。
3年前のこの日、初めて宮城県へ。
南三陸や石巻の方々を訪ねました。
東日本大震災から4ヶ月で、
みなさん体育館での避難生活をされていました。

何か力になれる事はないか…
医療の力も経済力もない。
少しでも気を紛らわせてもらう時間を作れたら…
と、民謡ボランティアを行いました。



あの時感じたこと、目にした景色を忘れる事はありません。
みなさん元気かなぁ〜。

これからも東北を思い続けよう。














| 1/8PAGES | >>