滋賀夕刊

滋賀県には、例えば「近江新聞」や「びわ湖新聞」のような

県単位の新聞は無いけれど、湖北には「滋賀夕刊」という

ローカル紙があります。

 

∇滋賀夕刊

https://shigayukan.com/

 

話題は主に長浜市や米原市に関わるもの。

催し、新しい施設、頑張っている人、市長の1日、

おくやみ、結婚、事故や事件・・・

取り上げられている話題が実に身近なので、多くの愛読者がおられます。

 

全国紙に掲載されるよりも、この滋賀夕刊で取り上げられる方が

知名度が高いといっても言い過ぎではありません、湖北では。

 

みんなが愛読してしまう理由は、もうひとつ。

“コンパクト”であること。

まず記事がコンパクト。長すぎず読みやすい。

そして紙面それ自体がコンパクト。A3程度の1枚、両面印刷。

居間のこたつの上にぺらっと置きっぱなしにしても

さほど障害物には感じないんですよね。

(私の主観ですケド・・・)

 

私たちもそのコンパクトな新聞にご掲載頂きました。

 

こども園への民謡・和太鼓演奏訪問や、


 

 

30日のコンサートのお知らせも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会う人には、

「滋賀夕刊見たで〜〜」

「滋賀夕刊に載ったったなぁ〜〜」と、

挨拶代わりに言われます。

 

実に愛されている新聞です★

 

 

 

 

 


 

 


子どもたちと〜北近江の湯で

北近江の湯さんのお声がけで

湖北のこども園のみなさんにニッポンの音色をお届けしました。

和太鼓奏者・くみこさんと一緒に。

 


 

 

ここの園児たちは、こども園で和太鼓を頑張っています。

それだけあって、和太鼓には興味津々。

演奏の最初、私が民謡を唄っている最中から

「次、太鼓?」

「太鼓まだ?」

と、問いかけてくるほどでした。

 

待ちに待った太鼓演奏の場面では、素晴らしい集中力。

くみこさんの声かけに合わせて手を叩き、リズム感の良さを発揮していました!

 

素直な子ども達とのひとときは新鮮で刺激的。

何より可愛い。

今日のこのニッポンの音色をいつかまた思い出してくれたらうれしいなぁ〜わたくし。

 

さてこの会場に、再びニッポンの音色が響きます。

 

「秋の民謡コンサート」

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたいことに・・・チケットは残りわずかだそうです。

ご予約はお急ぎくださいませ。

 

 

●秋の民謡コンサート●

 

とき/2019年11月30日(土) 16:00開演(15:30開場)

ところ/北近江の湯 http://kitaoumi.com/

チケット/前売り:3,000円、当日:3,500円 *ワンドリンク付き。

 

出演は・・・

 

唄/塚田 陵子

津軽三味線/梶尾 瑞穂、多田 智大

和太鼓/凛

よさこい演舞/我楽

 

 

 

 

 

 

 


北近江の湯へ。

11月30日のコンサートが近づいて来ました。

続々とご予約を頂いております。

 

私の知人も来てくれると言うので、代わりにチケット購入に。

会場である「北近江の湯」へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、観光バスが数台あり。

紅葉の名所「鶏足寺」への観光客のお迎えのようでした。

 

北近江の湯には、温泉施設だけでなく、レストラン「北近江食堂」や

パン工房「Tim」などもあります。

 

Timさんは雰囲気も価格も優しいパンやさん。

シンプルなパンは、逆に私たちを飽きさせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北近江食堂では、豚ロースを塩麹で漬け込んだステーキを頂きましたよ。

豚肉がふっくら中までしっとりしているのは、塩麹のチカラ。

 


 

 

このレストランでは、ランチにサラダバーがついているんです。

バーの元卓には、サラダだけで無くご飯・カレー・味噌汁・甘いものも並んでいます。

もう、おなかがいっぱいです。

いつになったら、減量出来るんだ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おなかが満たされたら温泉へ。


たまには良いでしょう。

自分を許してあげましょう。

 

おいしいものとぬくぬくの温泉で。

湖北のリゾート地「北近江の湯」。

 

コンサートの後もぜひ、ゆっくりとお過ごしください。

 

【秋の民謡コンサート】

 

とき/2019年11月30日(土) 16:00開演(15:30開場)

ところ/北近江の湯 http://kitaoumi.com/

チケット/前売り:3,000円、当日:3,500円 *ワンドリンク付き。

 

★出演★

唄/塚田 陵子

津軽三味線/梶尾 瑞穂、多田 智大

和太鼓/凛

よさこい演舞/我楽

 

 

 

 


 


 

 


信楽でのご縁

NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」。

その舞台である、信楽を訪ねました。

 


 

そこでの思いがけない、感激した出来事。

それは、何気なく入ったお店で。

レジにおられた女将さんとたわいもない会話をしていました。

 

すると、

「私、お遊びで絵を描いてるのよ〜」

と、筆ペンを持ちサラサラと手を動かし始められました。

 

そして完成したのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「他抜(タヌキ)の美声で楽しい毎日」

 

愛くるしいタヌキのおなかに、なんともありがたい言の葉を添えてくださいました。

 

「タヌキ」は「他抜」。

他を抜くという意味で、お商売やさんにとっては縁起物です。

はい、時に勝負を必要とする私にとっても縁起物です。

 

思いがけない出会いと頂き物に、大変感動しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温かい声と笑顔のおかみさん。

 

 

ありがとうございました。

また会いに行きます!

 

 

 

 

 


びわ湖ブルー〜近江高校

近江高校が勝ったーー✨

びわ湖ブルー万歳🙌


甲子園に爽やかなびわ湖ブルーが映えました。


泣きそうになりました…9回しか見てないけど(笑)


高校野球って、各都道府県が各々に愛を持つ

行事のように感じて好きです。


親戚な友達がいる都道府県の代表校を応援してみたくなったり。


あ〜〜味わってみたいな〜、あの雰囲気。

次は甲子園に行ってしまうかも。




どんな戦いであっても、最後は礼に終わる。


美しいですね。








| 1/41PAGES | >>