【告知】「鈴乃恵会」発表会

『鈴乃恵会 発表会』


今週末は、大黒恵子さんが会主を務める「鈴乃恵会」様の第1会発表会です♪


大黒さんは、民謡唄い手であり、津軽三味線奏者。

…そして、第50回 産経民謡大賞グランプリでもあります✨

私が民謡を習い始めた頃はすでに、若手唄い手として関西を中心に活躍されていました。


そんな大黒さんが率いる「鈴乃恵会」さま。


会員様の発表の他、豊寿会の先生方やジュニアの演奏あり。

みなさま、どうぞお気軽に足をお運びくださいませ〜(^^)


私は、友情出演として1曲お祝いの気持ちを込めて唄わせて頂きます!


2018年7月1日(日)

13時開演

ホテル阪神 12階 エメラルドルーム

(大阪市福島区福島5-6-16/06-6344-1661)


楽しみだーー❤





第1回目の開催。

大黒さんや会員さんはドキドキかも?


頑張ってくださいーー‼








登壇デビュー!!

堰を切ったようにアピールブログを綴っております(笑)

 

今回は「登壇」。

 

思いもかけない機会に巡り合いました。

それが登壇。

はい、講演会の講師です。

2017年は2回!!

 

デビュー戦は4月でした。

長浜商工会議所女性会様からのご依頼。

唄を30分程度・・のはずが、1時間程度の講演を・・・に。

 

え??私で良いんですか??

 

話を聞いてみると、

長浜で頑張る身近な女性の話を聞きたい・・とのこと。

 

ますます、

 

え??私で良いんですか?? と(笑)。

 

でも新しい世界だったので、ありがたくお受け致しました。

 

 

講演テーマは「ニッポンの音色が絶えないまちに」。

 

与えられた1時間。

自己紹介、被災地訪問、京都からふるさとへ戻ってきた話、これから。

民謡を交えながら務めさせて頂きました。

 

この時は。

本当に。

演台を降りて帰りたくなりました。

あんな孤独な思いをしたのは初めてです(笑)

 

しかし。

それだけでは終わらず・・・。

これは神からの思し召しでしょう。

 

2回目の機会が与えられたのです。

 

舞台はなんと兵庫県丹波市!!

親戚もいなければ、友達もいない町です。

 

インターネットの中から私のたった1回の講演を見つけて来てくださいました。

担当の方はどのワードで検索をされたのでしょう。

 

 

そんなわけで9月29日、丹波市へ足を運びました。

 

「平成29年兵庫県学ぶ高齢者のつどい 丹波市ブロック大会」

 

高齢者大学の学生、OBさんの学園祭のようなイメージです。

作品展示、芸能発表、高齢者の主張、そして私の講演です。

 

今回も講演テーマは,「ニッポンの音色が絶えないまちに」。

 

こんなステージでした。。
 

 

人生の先輩方を前に、こんなコムスメに何を語れと言うのか!!

 

もう開き直り、両親の前で自分が人生報告をするような気持ちで挑みました。

胸を借りるとはまさにこのこと。

 

演台にある“水差し”と“おしぼり”。

あるある〜こういうの。

自分に与えられたのは初めてで、タイミングわからず。

飲んだけどね(笑)

 

 

講演に耳を傾けてくださるみなさま、

自身や仲間の作品や、芸能を鑑賞されるみなさま。

 

そのエネルギーたるや!!

目をキラキラ輝かせて熱心に取り組んでいらっしゃいました。

 

第二の青春を謳歌されているお姿を見て、私にも力が湧いてきました。

 

会場となった、丹波の森公苑。↓

 


 

 

 

作品展示の数々。自分の学園祭を思い出しました。

 

 


 

 

丹波市は山がちな地形にある町。

 

早朝は霧が立ち込め、霧が晴れると木々の清々しいかおりが何とも言えません。

次回はゆっくり旅しにきたいな〜そんな想いを残しつつ、

丹波市を離れました。

 

 

・・・が、これでは終わりませんでした。

 

なんと!

 

また丹波市高齢者大学様から、講演のご依頼を頂いたのです!

うれしい限り。

 

 

その日は1年後。

 

熱心な学生さんへ何をお話しようか。

いまから少しずつ準備を始めております。

 

講演・・・。

 

私に与えられたカルマかしら・・・。

 

 

 

 

 


司会のお仕事承ります。

ありがたいことに、少しずつ「司会」の機会を

与えて頂けるようになりました。

 

2017年は、

 

民謡滋賀連合会発表会

日本民謡晃和会民謡まつり

日本民謡「まほろば会」民謡まつり

冨岡自動車 秋の感謝祭 ★

浜湖月「美宴の夕べ」 ★

 

 

ざっとこのようなイベントで司会を承りました。

★印は、自分の唄の出番プラスαです。

 

自分の感性でその場を司っております。

 

大切にしているのは、

 

・出演者、お客様に敬意もつこと。

・お客様に何か“情報”を持って帰ってもらうこと。

・偏見や思い込みを手放すこと=まっさらな気持ちでいること。

・主催者の意図を汲むこと。

・自分が楽しむこと。

・「この場にいられてうれしい!」と、心から想うこと。

 

私なりに心がけている技術的な部分もありますが、

それより何より、“気持ち”を大切にしています。

 

そして、必死に楽しんでいます♪

 

今年も、とある三味線の会の司会をさせて頂くことが

すでに決まっております!

 

びわ湖の歌姫が司るイベント。

ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。

 

 

↓ 遅ればせながら・・・上記★印のイベントをご紹介〜 ↓ 

 

▼浜湖月にて「中秋の名月・美宴の夕べ」▼

 

浜湖月は、長浜市びわ湖畔にある旅館。

全客室に露天風呂があるんですよ〜〜

http://hamakogetsu.co.jp/

 

 


 

滋賀の地酒と民謡、津軽三味線をお楽しみ頂くイベントでした。

 

 

▼冨岡自動車「秋の大感謝祭」▼

 

私もお世話になっているくるま屋さん。

http://www.tomioka-auto.jp/

 

津軽三味線奏者・亀井千絵ちゃん

和太鼓奏者・凛ちゃん

2人が駆けつけてくれました。

 


 

忘れもしない台風の日。

急きょトラックがステージとして用意されました。

 

ご心配なく。

お客様はたくさんいらっしゃいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も多くの機会を与えて頂けましたらうれしいです!

 

 

 

 

 


【オンエア情報】〜関口宏ニッポン風土記

なんとなんと!

あの関口宏さんと!

ご一緒させて頂きました!

 

BS-TBS 

「関口宏ニッポン風土記」

http://www.bs-tbs.co.jp/genre/detail/?mid=fudoki

 

 

 

 

 

 

 

 

各都道府県の魅力を改めて見つめよう..そんな番組です。

この番組の素晴らしい所は、その土地のにおいがぷんぷんする

“民謡”に着目している所。

 

はい、私は滋賀県の民謡唄い手としてお声掛けを頂いたのです!

 

いや〜〜緊張ややうれしいやら恥ずかしいやら。

そんな中での収録でした。

 

いろいろお伝えしたい事もございますが。

 

まずはオンエアをご覧くださいませ〜〜♪

 

 

★オンエア予定★

BS=TBS「関口宏ニッポン風土記」

12月3日(土)

12月10日(土)

 

2週に渡って、それぞれお昼12時からの予定です。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 


 


週末はのど自慢!

昨日は秋分の日。
昼と夜の長さが同じ日。
明と暗、男と女、静と動…
何事もバランスが大切です。

さて、今週末は「淡海節全国大会」です。
全国からこの唄ののど自慢が集まり、1番を決定します。

   とき/2013年9月29日
                (前日28日が予選大会)
   ところ/堅田北部地域文化センター

私は29日の本選だけ出場致します!
出番は13時過ぎかなぁ〜。

みなさまのご声援をお待ち申し上げます!
出番前、「がんばって〜」の言葉がどれだけ心強いか!

人一倍緊張しぃ〜の私の心をほぐしてくれます。

あぁ〜緊張。
憂鬱。


いや、でもがんばる。










| 1/5PAGES | >>